CSR・地域社会との協調

キオクシア株式会社 四日市工場では、地域に愛されることを大切に考え、地域との交流を図っています。

全国THP推進協議会優良賞受賞

2016年10月1日、厚生労働大臣の指針に沿って、働く人の心とからだの健康づくり運動を積極的に推進し、その活動水準が、特に優秀で他の模範であると認められた事業場に対し表彰される「優良賞」を受賞しました。

※THP:働く人の心とからだの健康づくり (Total Health promotion Plan)

表彰状

献血活動への協力

四日市工場では、1997年から三重県赤十字血液センターに協力し、工場内で献血を年7回実施しており、これまでに延べ7,100名以上が参加しています。この長年に渡る活動の継続に対し、平成25年度三重県献血功労者表彰式において、厚生労働大臣からの感謝状をいただきました。

感謝状
表彰式

夏まつり

四日市工場では、地域社会の皆様と従業員及び家族との貴重な交流の場として、夏まつりを実施しています。従業員手作りの模擬店を開くほか、山之一色町自治会の獅子舞や芸能人ゲストによる歌謡ショー、抽選会等が恒例となっており、地域の皆様にも楽しんでいただけているものと思います。
2018年は、8月31日に山之一色町スポーツ公園グランドで開催し、地域住民の方々や従業員のご家族の皆さんなど、11,000人もの方にご来場いただき、大いに盛り上がりました。

夏まつり
夏まつり

四日市こども科学セミナー

2018年8月3日に「四日市子ども科学セミナー」に参画しました。このセミナーは、子どもたちの科学・環境・宇宙への知的好奇心・探究心を高めることと、科学的な考え方や見方を育てることを目的とし、2012年から四日市市教育委員会が主催しています。
四日市市内の企業・団体によるものづくり体験や実験が行われる中、四日市工場では、微細な製品加工を行っている特色を活かし、電子顕微鏡で見える「ナノの世界」を子どもたちに体験してもらいました。

四日市こども科学セミナー
四日市こども科学セミナー

生物多様性

フクロウ保護活動に携わるパートナーシップ協定を2018年3月22日、四日市西高校・県・関係市町と締結しました。
四日市西高校の自然研究会は、2015年春からフクロウ保護の活動に取り組まれています。
県の準絶滅危惧種であるフクロウは、豊かな里山の象徴であり、このプロジェクトは地域の自然環境を守ることにもつながる、大変意義のある活動です。

生物多様性

地元小・中学校の見学会・出前教育

昨今進む子供たちの理科離れ対策の一環として、四日市市教育委員会からの要請を受けて、四日市市内の小中学生に社会科見学や特別授業(出前教育)を実施しています。

2018年10月には、近隣中学校において出前授業を行い、当工場や製品、環境への取り組みを紹介したほか、ルーペを使って半導体の構造観察を行いました。また、半導体の製造工程を映像で紹介し、クリーンルームスーツの試着なども体験していただきました。

クリーンルームスーツの試着
特別授業

こども環境教育

四日市市やその周辺の子供たちへ、CO2の排出削減について意識啓発を行う環境教育を実施しています。当工場は、2012年度は八郷西小学校(9月~10月)、朝日小学校(10月~12月) 、三重北小学校(2013年1月~3月)にて実施しました。

こども環境教育

PAGETOP