「Interop Tokyo 2022」の「Best of Show Award」サーバー&ストレージ部門で3つの賞を受賞

2022年 6月17日
キオクシア株式会社

リムーバルストレージデバイスとEBOFで準グランプリ、SSDで審査員特別賞を受賞

当社は、6月15日から開催中の「Interop Tokyo 2022」において、「Best of Show Award」の「サーバー&ストレージ部門」で3つの賞を受賞しました。

「Best of Show Award」は、「Interop Tokyo 2022」の審査委員会が、出展各社エントリーの新製品の中からテーマごとに「今年の一品」を選んで表彰する賞です。

当社は「サーバー&ストレージ部門」で、PCIe®/NVMe™リムーバブルストレージデバイス「XFMEXPRESS™ XT2」とEBOF(Ethernet Bunch of Flash)「KIOXIA EM6イーサネットSSD + Foxconn ES2000 EBOF」がそれぞれ準グランプリ、エンタープライズSSD「KIOXIA XL-FLASH™ FL6 Series NVMe™ SSD」が審査員特別賞を受賞しました。

「Interop Tokyo 2022」は6月15日から6月17日まで幕張メッセでリアルイベント、6月20日から7月1日までオンラインイベントとして開催されます。

<「Interop Tokyo 2022」「Best of Show Award」「サーバー&ストレージ部門」でのキオクシアの受賞製品>

「Interop Tokyo 2022」の「Best of Show Award」

*準グランプリ
PCIe®/NVMe™リムーバブルストレージデバイス
「XFMEXPRESS™ XT2」
・審査委員会のコメント:
「M.2 に変わる新たなリムーバブルストレージデバイス規格 XFM に対応した製品を世界に先駆けて発表した。これまで、比較的低速な SD カードや、基盤直付けの BGA パッケージが使われてきたモバイル、IoT、エッジコンピューティングのデバイスに適用できるようになれば、利便性や保守性の向上が期待できる。」

「Interop Tokyo 2022」の「Best of Show Award」

*準グランプリ
EBOF
「KIOXIA EM6イーサネットSSD + Foxconn ES2000 EBOF」
・審査委員会のコメント:
「これまで参考出品として展示されていた EBOF が発売された。GPU Directなどストレージへの高速アクセスが必要な環境で活用されている。このような尖ったコンセプトの製品開発に取り組み、ShowNet などで揉まれながら、適用領域を開拓して発売にこぎつけたことを評価した。」

「Interop Tokyo 2022」の「Best of Show Award」

*審査員特別賞
エンタープライズSSD
「KIOXIA XL-FLASH™ FL6 Series NVMe™ SSD」
・審査委員会のコメント:
「DRAMと一般的なTLCベースのSSDの間の性能ギャップを埋めるという、SLC ベースのSSDを製品化された。低レイテンシ高速アクセスといった高い性能を求められる HPC や AI の分野での活用が期待できる。このような、ある意味ニッチで尖った製品の開発に、今の HPC/AI といった需要の盛り上がりが見通せる前から取り組まれ、利用者の要求にタイムリーに製品化されたことを評価した。」

*NVMeは、NVM Express, Inc. の米国またはその他の国における登録商標または商標です。
*その他、本文に掲載の製品名やサービス名は、それぞれ各社が登録商標または商標として使用している場合があります。

*本資料に掲載されている情報(製品の仕様およびお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。