キオクシアの研究・技術開発

キオクシアはフラッシュメモリとSSDのリーディングカンパニーとして、新しい価値を生み出す製品を提供しています。その実現に不可欠なのが、多種多様な分野における最先端の研究・技術開発です。 「記憶」の可能性を追求する技術革新を行っています。

NEWS

技術統括責任者 百冨 正樹


当社は、社会と生活を大きく変える新たな製品やサービスを実現してきました。「『記憶』で世界をおもしろくする」というミッションを掲げ、組織の垣根を越えた連携や人材交流を積極的に行い、高速・大容量で信頼性の高いメモリ、SSDを世界に提供します。

技術統括責任者 百冨 正樹技術統括責任者 百冨 正樹

「メモリ新時代」を切り拓く、キオクシアの研究・技術開発

キオクシアが発明した記憶媒体「NAND型フラッシュメモリ」は、日常の生活やビジネスで不可欠な存在になっています。IoT、AI、5Gの普及を見据え、フラッシュメモリが支える将来の情報社会をご紹介します。

あなたは今、何を使ってこのページを見ていますか? パソコン?スマートフォン?そのどちらにも、フラッシュメモリが使われています。

1987年のNAND型フラッシュメモリの発明をはじめ、電子機器の進化や情報社会の進展をグローバルに支えてきたキオクシアのあゆみを、メモリとSSDの開発史を通じてご紹介します。

メモリが感情を持つ?未来の可能性を広げる研究開発の最前線でカギとなるのは「人間の力」。

くらしと人の想いを支える「フラッシュメモリ」。 記憶のしくみをマンガで学べます。 (電子書籍配信「Beyond Publishing」サイトへリンクします)

“記憶の技術”はどこから来てどこへ向かうのか。フラッシュメモリのイノベーションの軌跡をたどります。

キオクシアの技術

BiCS FLASH™ ロゴBiCS FLASH™ ロゴ

キオクシアは2007年に世界で初めて 3次元フラッシュメモリ技術を発表しました。コスト低減の実現につながったイノベーションポイント、さらなる大容量化への取り組みを最先端技術の紹介とともにお届けします。

先端技術トピックス

3次元フラッシュメモリをはじめとする、多種多様な次世代メモリの研究・技術開発

新しいデバイスを実現するための新材料や新構造、検査・分析の先端技術開発

次世代コンピューティングを見越した最先端のストレージシステムに関わる研究・技術開発

最先端のフラッシュメモリを製造する工場生産システムへのビッグデータやAIの活用

キオクシアには、「研究」を「製品」に結実する高い技術開発力があります。 製品が市場に出るまでの過程でどのような技術開発が行われているのか、その技術革新のしくみをご紹介します。

キオクシアは主要学会や論文での発表を行っており、高い評価を受けています。

産学連携

Memory × Brain scienceMemory × Brain science

「記憶」で世界をおもしろくする、キオクシア。 高速大容量のSSDを活用して、脳科学のための信号処理システムを大学と共同研究しています。

研究・技術開発の体制と拠点

キオクシアでは「記憶」の技術で業界をリードする研究・技術開発体制を敷いています。各拠点を活用し、 オープンイノベーションを推進しながら技術革新を行っています。


スマートファクトリー実現に向けて。

四日市工場は、DX・AI技術を駆使し、高い生産性を実現するフラッシュメモリの生産拠点です。同じ敷地にある研究・技術開発部門と連携し、高効率な最先端製品の製造を実現しています。

岩手発、世界最先端へ。

AIを活用した生産システムだけでなく、省エネ設備など最先端設備を導入したキオクシアグループ最大規模の製造棟を有します。

開発者インタビュー・コラム

部門の垣根を越えて語り合い、切磋琢磨 する。それがキオクシアのエンジニアです。 (新卒採用サイトにリンクします)

キオクシアには、共に感動体験を分かちあえるエンジニア、マネージャーがいます。 (キャリア採用サイトにリンクします)

最先端の技術開発を担う女性エンジニア、その多様な働き方をご紹介します。 (新卒採用サイトにリンクします)

研究・技術開発のポイントをギュッと一冊に詰め込みました。 キオクシアを支える、高い専門性を持った若手技術者たちのインタビューを交えてご紹介します。