メモリ技術研究所

所長挨拶

データの量・種類ともに爆発的に増大し、その活用が拡大する「メモリ新時代」に対応するために、メモリ技術研究所は次世代フラッシュメモリや高い付加価値を持つ新規メモリを実現するデバイス、プロセス技術や、新たなストレージ・コンピューティングシステムを実現するシステム技術の研究開発を通じ、革新的な製品を生み出し、人々のくらしをより豊かにすること、新しい価値を社会に提供することを目指しています。

 

メモリ技術研究所は、キオクシアの最先端の研究開発組織として、デバイス技術、プロセス技術、システム技術の3つの研究開発センターを四日市地区と京浜地区に持ち、各専門分野の独創的な研究、各分野の融合を進めています。さらに、オープンイノベーションにより、世界中の大学や研究機関と積極的な連携を推進し、技術者は国際的に活躍しており、そのための技術者育成にも力を入れています。

 

私たちは『「記憶」で世界をおもしろくする 』ために、自己を研鑽し、自由闊達に、失敗を恐れず、高い目標に誠実・果敢に挑戦して行きます。

 

キオクシア株式会社
メモリ技術研究所
所長 吉川 進
 

組織

メモリ技術研究所の組織体制
メモリ技術研究所 デバイス技術 プロセス技術 システム技術

PAGETOP