キオクシアが創る未来

IoT、AI、5Gの普及により、世の中で生成されるデータは今後爆発的に増加します。

そのデータの保存と活用に不可欠なのは、大容量・高性能なメモリ・デバイス、高速データ処理システムです。
キオクシアは未来を見据えた研究・技術開発を推進し、新しい価値を生み出す製品・サービスを提供します。

広がり続けるメモリの可能性を示すグラフ

フラッシュメモリのこれから

クラウドコンピューティングの普及、IoT時代の到来、AI技術活用の拡大などにより、人類が生成し、蓄積する情報量は増加の一途を辿っています。将来の情報社会をグローバルに支えているのがキオクシアの研究・技術開発です。

高精細な動画、バーチャルリアリティ、実世界との連動。技術の革新により、人々を楽しませる新たなエンターテイメントが続々と登場しています。 膨大な情報を高速に処理し、ストレスのない高品位なインタラクションを多くの人が楽しめるように、これまで以上に大容量で高速、そして低価格なフラッシュメモリが期待されています。
※一方通行ではなく、ユーザーの操作に対してシステムから反応があること

100年に1度と言われる変革期を迎えている自動車業界。コネクテッドカー、自動運転、シェアサービス、電動化などの技術革新で、大量の情報を扱うようになる「クルマ」は、「走るエッジサーバー」の役割を果たしていきます。
様々な場所に移動し、過酷な環境でも動作する大容量フラッシュメモリは、「走るエッジサーバー」を支えるインフラとして期待されています。
※インターネットに常時接続している自動車

生命科学の研究では5年で1,000倍のペースでデータ量が増大しており、10年後にはエクサバイト級に達すると見込まれています。そのために必要なのが、膨大なデータを蓄積できるフラッシュメモリと、それらを高速に解析処理するシステム。未知なる知見の解明と、適切な診断・予防・創薬を支え続けます。
※1エクサバイトは10億ギガバイト

現実世界と同様の工場を仮想空間上に再現する「デジタルツイン」。工場の設備や機器、環境情報を、IoT等の技術でほぼリアルタイムに仮想空間へ送ることで実現します。
フラッシュメモリは、仮想空間上で大量のデータを活用して行われる高度なシミュレーションや、現場へのフィードバックを実現する技術を支え、新たな価値の創出や、大幅な生産性向上に貢献します。

人と自然なコミュニケーションを図る未来のロボット。一人ひとりの行動、状況、文脈、感情等に応じた、高度なインタラクションを実現するには、大量のデータを活用することが不可欠です。
新たなセンサー技術で獲得される大量のデータを保存し、高速に処理できるフラッシュメモリが、人とロボットのスムーズなインタラクションを支えます。