研究・技術開発体制と拠点

キオクシアでは「記憶」の技術で業界をリードする研究・技術開発体制を敷いています。各拠点を活用し、オープンイノベーションを推進しながら技術革新を行っています。

研究開発体制

研究開発体制のイメージ図

メモリ技術研究所

次世代不揮発性メモリのデバイス、回路の技術開発や、新規プロセス、次世代リソグラフィ技術の開発を行っています。新しい動作原理や構造などにも踏み込みながら、次世代SCM(ストレージ・クラス・メモリ)として注目される各種新規メモリや、新製品を実現し新市場を開拓するシステム技術開発、ソフトウェア技術の開発に取り組んでいます。また機械学習(Machine Learning)などの最先端デジタルトラスフォーメーション技術を研究し、システム基盤を構築、「スマートファクトリー」など⼯場への展開を推進していきます。

先端メモリ開発センター(Advanced Memory Development Center : AMDC)

当社が世界に先駆けて開発した3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH™」の研究開発と量産化の橋渡しを行っています。最先端の幅広い技術開発を行うため、「先端モジュール開発」「メモリデバイス開発」「ユニットプロセス開発」「プロセスインテグレーション」等技術管理部門を中心として高度に連携させ、四日市工場内の生産ラインを活用し、スピーディな技術開発を推進しています。

メモリ事業部

自社開発のフラッシュメモリやコントローラの強みを活かし、BiCS FLASH™を活用しながら多様な市場への進出を進めています。今後予想されるIoT化によるストレージ需要の一層の増加に対して、お客様の新たな要求に応えるため、高密度化、大容量化を推進しながら、画期的ソリューションの実現にも挑戦していきます。

SSD事業部

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)は、フラッシュメモリを主記憶デバイスとするデータストレージデバイスです。 フラッシュメモリメーカである当社の強みを最大限活かして、SSDの研究、設計、製造からマーケティング、市場創造まで担い、コンピュータ分野のみならず、エンタープライズ、データセンターそして産業用機器まで幅広い市場に高品質のSSD製品を提供しています。

キオクシアには、「研究」を「製品」に結実する高い技術開発力があります。製品が市場に出るまでの過程でどのような技術開発が行われているのか、その技術革新のしくみをご紹介します。

研究・技術開発拠点

キオクシアは国内外の拠点を中心に、大学やコンソーシアム、そしてパートナーとのオープンイノベーションを推進し、新たな技術革新を生みだしています。

国内拠点

キオクシアの研究・技術開発は、横浜テクノロジーキャンパスと、四日市工場に隣接するメモリ開発センターで行っており、研究所、開発センター、事業部の垣根を越えた議論が日々活発に行われています。

研究開発拠点(国内)
研究開発拠点(国内)

海外拠点

先端技術へ迅速にアクセスし、市場・顧客ニーズへ柔軟に対応するため、先進的なIT企業が数多く所在する国と地域にあります。

日本の技術者と連携し、最新のストレージ要素技術開発、コントローラー、ソフトウェア設計など、メモリとSSD製品に必要な技術開発を行っています。

研究開発拠点(世界)
研究開発拠点(世界)