研究・技術開発体制と拠点

キオクシアでは「記憶」の技術で業界をリードする研究・技術開発体制を敷いています。各拠点を活用し、オープンイノベーションを推進しながら技術革新を行っています。

研究開発体制

メモリ技術研究所

次世代不揮発性メモリのデバイス、プロセス、回路の技術開発や、次世代リソグラフィ技術の開発を行っています。新しい動作原理や構造などにも踏み込みながら、次世代SCM(ストレージ・クラス・メモリ)として注目される各種新規メモリ等、新市場を開拓する製品開発に取り組んでいます。

先端メモリ開発センター(Advanced Memory Development Center : AMDC)

当社が世界に先駆けて開発した3次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH™」の研究開発と量産化の橋渡しを行っています。最先端の幅広い技術開発を行うため、「先端モジュール開発」「メモリデバイス開発」「ユニットプロセス開発」「プロセスインテグレーション」等技術管理部門を中心として高度に連携させ、四日市工場内の生産ラインを活用し、スピーディな技術開発を推進しています。

デジタルプロセスイノベーションセンター(Digital Process Innovation Center : DIC)

デジタルプロセスイノベーションセンターでは、四日市工場の生産性向上を目指し、AI(人工知能)技術を四日市工場に導入し、ビッグデータの高精度分析による歩留まり改善を実施しています。更に、自律生産型スマートファクトリー工場を目指し、デジタル化を軸とした効率最大化、コスト最小化そして品質・稼働の安定化に貢献しています。

メモリ事業部

自社開発のフラッシュメモリやコントローラの強みを活かし、BiCS FLASH™を活用しながら多様な市場への進出を進めています。今後予想されるIoT化によるストレージ需要の一層の増加に対して、お客様の新たな要求に応えるため、高密度化、大容量化を推進しながら、画期的ソリューションの実現にも挑戦していきます。

SSD事業部

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)は、フラッシュメモリを主記憶デバイスとするデータストレージデバイスです。 フラッシュメモリメーカである当社の強みを最大限活かして、SSDの研究、設計、製造からマーケティング、市場創造まで担い、コンピュータ分野のみならず、エンタープライズ、データセンターそして産業用機器まで幅広い市場に高品質のSSD製品を提供しています。

キオクシアには、「研究」を「製品」へと結実する高い技術開発力があります。 製品が市場にでるまでの各プロセスにおいて、どのような技術開発が行われているのか、 その技術革新の仕組みを知ることができます。

研究・技術開発拠点

キオクシアでは「記憶」の技術で業界をリードする研究・技術開発体制を敷いています。各拠点を活用し、 オープンイノベーションを推進しながら技術革新を行っています。

国内拠点

キオクシアの研究・技術開発は、四日市工場に隣接するメモリ開発センターと横浜テクノロジーキャンパスで行っており、研究所、開発センター、事業部の垣根を越えた議論が日々活発に行われています。

研究開発拠点(国内)
研究開発拠点(国内)

海外拠点

先端技術へ迅速にアクセスし、市場・顧客ニーズへ柔軟に対応するため、先進的なIT企業が数多く所在する国と地域にあります。

日本の技術者と連携し、最新のストレージ要素技術開発、コントローラー、ソフトウェア設計など、メモリとSSD製品に必要な技術開発を行っています。

研究開発拠点(世界)
研究開発拠点(世界)